カテゴリー別アーカイブ: ダイエット

有酸素運動でダイエット!!

ダイエットをする!!と気合を入れたものの、
どうしていいかわかんない…そんな方たくさん
いらっしゃるのではないでしょうか。
私も初めはそうでした。
ウェアを買って、覚悟を決めて、気合も充分。
だけど何からはじめたらいいの…??
そう。そこで必要なのは身体のしくみを知ること。
有酸素運動をすれば脂肪が燃えます。
まず、その有酸素運動ってなに…??
それは「歩く」「走る」「泳ぐ」です。
この有酸素運動をすることによって
身体がこの脂肪を使ってエネルギーを生み出すのです。
エステの口コミ情報だったら痩身エステ口コミ効果ランキングガイドが一番いいですけどね。
つまりこれが消費カロリーとして計算されるのです!!
では、この脂肪の燃焼率をあげるには
どうしたらいいのか….
そうです!!ここで筋力トレーニングというものが出てくるのです。
筋力トレーニングは脂肪を更に燃やしやすくする働きがあります。
つまり、有酸素運動を行う前に
筋力トレーニングで思いっきり筋肉をいじめてから
とりくめば、効率よく脂肪を燃焼させることができるという訳です。
ただ、ここで気を付けなければいけないことは、
筋力トレーニングは、筋肉をいじめて、破壊して、
そのいじめられ、破壊された筋肉を再生させるとこで
筋肉を形成していくのです。
なので、毎日筋力トレーニングを行ったからといって、
良い筋肉が付くというわけではないのです。
だいたい筋力トレーニングされた筋肉は
1日ほどで回復します。
なので、目安として、上半身を鍛えた次の日は
下半身を鍛えるといった具合に、
うまくパーツごとに行えば、より効率よく
ダイエットができるのです。

成功させるには、まず、
身体のしくみを知り、自分の身体をよく知ることが
大事ですね。

酵素でプチ絶食で目指せアンチエイジング

最近はまっているのが、酵素を使ったプチ絶食です。
絶食は以前から定期的にしてはいたんです。
理由は健康のためで、体のなかからスッキリするために3日ほどの行程でやっていました。
絶食の間はまったくものを口にするのではなく、水の他に野菜ジュースやおかゆなどをほんの少し食べます。
それだけで翌日体の調子がとてもいいので続けました。

そんなとき、酵素ドリンクを利用したプチ絶食がモデルのあいだで人気ということを知り、「それならば…」といった具合で試してみたんです。

酵素ドリンクの効果は?

やり方は、最初の一日はお粥などの胃に優しいものを食べて絶食するための体に慣れさせます。
そしてだんだんと本格的な絶食に突入し、そして同じように今度は普通の食生活へと戻すのです。

普通のプチ絶食との違いは、肌艶のよさ、そして透明感にありました。
顔がワントーンも明るくなって、くすみが消えているんです。
どうやら、酵素にはデトックス効果があるらしく、毒素が抜けていくんだそうです。
こういう意味では、体をリセットする絶食ととても相性のいい飲み物と言えますよね。

これからもアンチエイジングに励んで、綺麗で若々しい体を目指そうと思います。
やっぱり歳には負けたくありませんからね。

キャラ弁ってどうなんでしょうね

幼稚園児がいる我が家では、キャラ弁は作っていないです。理由は簡単で、「食べにくいから」だそう。自尊心の高いムスコ、先生に食べさせてもらうのがイヤなんだそうで。
昔冗談で息子に美容ドリンクをもたせたら変な顔されたので、ジバニャンとか頑張って作りましたが、チーズが解けて美味しくなかったんですって。なるほど。

美容ドリンクランキング情報へ

でも、この前ママ友と話していたら、結構みんなキャラ弁なんだそうで。
中でも嬉々として「こういうの作ってるんだよー」と毎日写真を撮っているママさんがいたんですが、息子に聞いたら、「その子、自分で食べられなくて食べにくいからって、先生に食べさせてもらってる」んだって。
それは・・・難しいなぁ。
お母さんの頑張りが、子供の自立を妨げてしまっているような感じもします。どうなんでしょうね。そのうち、先生から話があるんでしょうか。気になります。

夏に向けてキレイな背中を!

肌の露出が多くなるシーズン夏が近づくと、ムダ毛はもちろん、背中のニキビやしみを気にする方が増えてきます。
お仕事上、そういった方のお背中のケアを担当することは多いのですが、改善や予防も含めて、日々のお背中の洗い方はとても大事です。
背中の中心は、特に皮脂の分泌量が多く、汗もかきやすいので雑菌も繁殖しやすいのが現状です。
余分な皮脂や汚れが残っていれば、当然ニキビも出来るでしょうし、しみにもなりやすいはずです。
一番いい方法は酵素をしっかり取ることらしいです。背中脱毛のサイトなどを見ていると、たしかにニキビも治るし、ダイエットにも成功するしでいいことづくめだなと思っています。でもなかなか月収15万の私には手の届くはずもなく。。。

ですが、以外にも意識して背中を洗っている人は少なく、届かないから洗ってないなどという人まで出てくる始末。
確かに背中は手が届きにくく洗いにくい場所ではありますが、その気になればいくらでも方法はあるのですから面倒なだけですよね。しかも自分では鏡に近づいても確認しにくいということもあるので、ニキビやしみがが多くなってきてやっと気が付く人も多いようです。
洗い方としては念入りにといっても、もちろんナイロンタオルなどでゴシゴシせずに、柔らかいタオルなどで、体の他の部分と同じように優しく洗えばいいのですが、背中はしっかり2回洗うくらいでもいいと思います。
背中の皮膚は他の部分よりも刺激に強く代謝もいいので、よほどの皮膚疾患がない限り、乾燥するなんてあまりないですよね。
日常のお手入れを意識して変えるだけで改善することができるのなら1番いいはずです。目立つしみや色素沈着になってしまってからでは遅いですよ!

便秘に効く!地道に改善☆

私の経験です。
私は中学生まで快食・快便でした。
でも、高校生の頃に精神的不調から快便ではなくなってしまった時から色々と試しています。
いままで試したのは数知れず。
酷い時にはピンクの小粒を飲んで無理矢理のこともありました。
それではダメだと思い飲み物や食べ物や生活習慣で治そうと思い自分の身体を実験台にすることにしました。
まず、食べる時は30回~50回は咀嚼して、食事中の水分も減らしすぎないようにしました。
朝は白飯でもヨーグルトを食べる。
無い時は牛乳を飲むか豆乳を飲むようにしていました。
牛乳や豆乳には黄粉を入れて飲むように心がけています。
あとは、炭酸飲料を飲んだり、ブラックコーヒー、カフェラテ、ココアを飲んでいました。
お砂糖を入れる代わりに、少し高いけどオリゴ糖を入れて飲むようにして腸内環境を整えるようにしています。
そして、寝起きで辛いけど冷たい飲み物を一気に飲んで腸を驚かせて動きを活性にしています。
そして半身浴をして、お腹にシャワーで圧をかけたりして、0時回る前に就寝し6時には起きて便意がなくてもトイレに座るようにしてから、少しずつ便秘が改善され、いまでは最低でも2日に1回は排便があります。
下手に下剤に頼るより体にいいし、食事もバランスよく食べれるのでいいと思います。
ただ、痙攣制の方には向いていないかもしれないのであなたにあっているか、試してみて実感してください。

もし、便秘と同時に脱毛にも興味があれば、脱毛京都のサロンを探していってみるのもありです。

ダイエットの先には

ダイエットのために体操を始めました。その体操のプログラムをすべて行うと、1時間半ほどかかります。体操の内容は、肩や腰など上半身の関節を回したり動かしたりすることで、血流をよくするというものから、全身を使った、マタニティーヨガのようなものまで、たくさんのプログラムがあり、健康維持と、赤ちゃんを授かりたいという一心で行っていました。
他にも、毎朝基礎体温を付け、月経周期の確認を行ったり、無添加の食品を中心に食べたりと、体の外だけではなく、体の中から健康になろうと思い、様々なことに取り組みました。
その生活を約4ヶ月続け、赤ちゃんを無事授かることができました。

安全でシンプルなダイエット方法

真剣に取り組んだダイエットはそれほどないのですが、失敗したり成功したりあれこれ試してみて一番確実だと思ったのは、とにかく睡眠をとる事!でした。これを言うと笑う人もいるでしょうし、時間が取れなくて睡眠時間も短いと言う人がいるかもしれませんが(そういう人でも食べる時間があるなら、見直してみる価値はあると思います)本当にこれは大切な事です。寝ている間は夢遊病でもない限り、勝手に移動したり食べることは少ないと思うので、食べる暇、時間をなくすというわかりやすい意味もありますが、人は起きていると太りやすい傾向にあるようです。これは人それぞれだと思いますが、私の場合は眠いのに我慢して起きていると「目を覚まさなくては!」と食べてしまいます。普通、ご飯を食べたら眠くなると思うので、おかしい行動なのですが、食べることを抑えられず、食べて無理矢理起きてお腹一杯になって寝る…という最悪のパターンになります。夜8時以降に食べると体に溜め込みやすいと言いますが、睡眠不足になると人は太りやすいと言う研究結果も出ているようです。仕事があったり家事があったり、悩み事で眠れないなど色々ありますし、簡単そうで難しいですが、休日は出来るだけゆっくりと寝て、平日も頑張って早く寝る、ということを心掛けることが、一番シンプルで肌にも優しい方法なのだと思います。

朝活ダイエット

ダイエット情報は巷に蔓延しているけれどそれを実行し続けるのはなかなか難しいものです。
とりあえず運動!と思いスポーツジムに通い始めるも、主婦で仕事を持ってるワークミセスの場合など
時間の捻出でしばらくして挫折…
では気軽に出来るお家エクササイズ!と意気込みエクササイズDVDを買い張り切って始めようと思っても
仕事から帰ると晩御飯の準備やから洗濯そして片付け、
明日の準備等々一日家を空けて仕事していた分夜にすることが山積み。
ではエクササイズはいつするのだ?
夜はほぼ時間がないことが判明したので朝にするしかない!
いつもより少し早寝をして早朝5時に起床。
眠い目をこすりながらDVDプレーヤーのスイッチをポチり。
お気に入りのエクササイズDVDをプレーヤーに入れテレビの電源をON。
本当ならストレッチなど少し体をほぐしてから…なんだろうけどそんな邪魔臭いことをしていては
やる気がそがれてしまうのでいきなりエクササイズを開始する。
5分程体を動かすと次第に頭も冴えて来て動きも軽快になってくる。
30分程体を動かし朝活エクササイズを終了!
さすがに運動の後乳酸が溜まるのが怖いのでここは念入りにストレッチ。
そして手早くシャワー済ませ朝ごはんの準備とお弁当作りにいそしむ。
主婦でワークミセスの場合ダイエット成功の鍵は朝活にあり!と思い朝活エクササイズをした結果
3キロの減量に成功。
食事制限はほぼなし。
体重が減った以上に見た目の変化があり周りから「痩せた?」「なにかしてる?」と聞かれることも多く
「朝活エクササイズしてる」と周りにもオススメするも「朝起きれない」と言う人が多数…
朝はギリギリまで寝ていたいので万人向けではないダイエット法だけど夜になかなか時間の取れない
ワークミセスにはオススメの朝活ダイエット。
体重以上に朝体を動かすことにより健康になれるし化粧のノリも良くなったりいいことずくめなので
皆様にもおすすめしたい。
そういう私は最近さぼり気味なのですが…
またここの書くことによりモチベーションアップしてがんばりたいと思います。

一世一代の恋と、初ダイエット

はるか昔の16歳の高校一年生の時、私は一世一代の恋をしました。

恋の相手は学校の先生。
今思うと、どうしてあんなに燃え上がったのかと思うくらい
好きで好きでたまらなかったのです。
その中でも好きだった彼の表情、仕草の一つ一つが今でも思い浮かんできます。

最初は好きじゃなかった…いえ、大嫌いでした。
だって、私にとって一番キツい言葉を浴びせた人なのですから。

その頃の私は、今考えるとありえないと思う程最高に太っていました。
でも私はさほど気にすることなく過ごしていました。
だって、周囲の誰も「痩せろ」なんて言われたことがなかったのです。
無駄だと思ったのか、私に関心がなかったのか…今となっては不明ですが。

それなのに彼は違ったのです。
体育の先生だった彼は、新任として初めての授業の時
私を直視して、あろうことか
まわりを気にせず大きな声で言ったのです。
「もっと痩せなあかんわ!」と、大阪弁で…
完全に傷つきました、私。
そんなこと初めてでしたから。

彼は若くて、カッコよくて
ドキッとするような雰囲気を漂わせている人だったので
少なからずときめいていたのですが
その一言で、私の中での彼の株は大暴落!
大嫌いになりました。

でも…不思議なものです。
この私が「痩せたい」って思ったのですから。
これが生まれて初めて、私の痩せる為の努力が始まった瞬間でした。

そして以前に脱毛サロン 自由が丘に通った時も同じ理由でした。

それからというもの、先生の厳しいストレッチに耐えたり、こっそり水泳に通ったり

食事方法を変えたり、漢方薬を飲み始めたりして
私は一年足らずで30キロ近くの減量に成功していました。

一般に、初めてのダイエットって痩せやすいと言われています。
だからでしょうか、面白いほど痩せていく自分が信じられず
夢の中での毎日だったような気がします。

飲んだ漢方薬も効いたのだと思いますが
残念ながらその薬は、製造販売ともに
しばらくして中止になってしまいました。
あれって、悪いものだったのでしょうか。
少なくとも私の身体には合っていたのに…

職員室でも私の激痩せは話題にあがるようになり
女教師の間では、勝手な憶測が噂になってしまったようで
私に直接、「「ハチミツとレモンのジュースを飲んで痩せたってほんと?」
などと訊いてくる先生もいました。
勿論、それは寝耳に水、覚えのないことでしたが…

結局は私の、恋に燃える心と痩せたいという気持ちが
実を結んだのだとしか思えません。

「しかし、痩せたなぁ…」と
渡り廊下で追い越しざまに囁いた彼に
私は心の中でピースサインをしていました。

その後、彼の異動で終わりを告げた恋でしたが
今でも、先生のことはともかく、あの時の自分の純粋な心が大好きです。

…ということは
激しい恋をしたら、また痩せられるのかも?
よからぬことを考えてしまう、今はオバさんになってしまった私がここにいます。

ダイエットに成功する為に、必要なこと

痩せたい!
誰もが思うことです。

私から見ると、痩せているようにしか見えない女性が
本気でエステに通っているところを見た時
思わず訊いてしまいました。
「どうしてエステに来ているの?」と。

すると、普通に返ってきた答えは
「痩せたくて…」

はぁっ?何だって?と思わず毒づきたくなりましたが
そんな自分の気持ちを抑え
質問を重ねる私。
「痩せたいって…どこが太っているの?誰かに言われたの?」

「周りの人は太っていないって言うんですけど、どう見ても太ってますよね、私」と
真面目な顔で答える彼女に、何か病的なものを感じてしまった私です。

今の女性ってかわいそう…
自分がどんな身体をしていても
太っているように見えるのでしょうか。

アイドルや歌手やタレントみたいに、テレビカメラに映らなければならないのならともかく
一般の女性達皆が、同じようなほっそりした身体になってしまったら
異様な風景じゃないのかと心配になります。

個性という言葉は、もはや死語になりつつあります。
お化粧も、着ている服も、穿いている靴も
ブランドのバックですら同じ…
何だかゾッとしませんか?

太っている人、細身の人、おチビさん、ノッポさん
いろいろな人がいてこその人間ではありませんか。
4e75516fc4cb003c172cc9b3b055274a_s
そう思った時
私はエステに行くのをやめました。

いいじゃん、太ってたって。
これは私だという証拠。

ダイエットなんてしなくても
私は今の私が好きだから、私を私だと認めていてほしいのです。

今更、痩せている人を好きだとういう彼氏なんか作ろうと思いません。
ずっと、私でいよう。二の腕痩せエステの詳細を見てそう思いました。

ダイエットにかかる費用で、美味しいものを食べようっと。
…大きな勘違いをしている私でした。

ダイエットは続けることが大事。

今まで色々なダイエットを試したので、体験した事を書かせていただきます。

私は中学生の時からヨガをやっていました。
教室などに通うものではなく、雑誌の付録であったものをやっていただけです。

始めの1、2週間は全く変化がありませんでした。
汗もかかないし、体重も減らないし。でもなんとなく毎日続けていました。
そして気が付くと汗をかく様になっていて。
そのころから徐々に体重も減っていき、ポーズをとるのが楽しくなりました。

体重の減り方はゆっくりで、半年~1年で4キロほどでしたが、目標の体重に達したのでやめました。

その後2人目を出産し、またダイエットを再開。
その時はヨガではなく、コアリズムとモムチャンダイエットと言うDVDを見ながらやりました。

体重の変化は1ヶ月1~2キロでしたが、腹筋のあたりなど体型は明らかに変わったように思います。
その後3人目を妊娠しDVDは止め、炭水化物抜きのダイエットに挑戦しました。

始めは辛かったです。(笑)
でも白滝やお豆腐など、料理も色々工夫するようになりました。
妊娠中と言う事もあり、体重は減りませんでしたが、増える事も無かったです。

最後になりますが、「自分の体重が何故増えるのか」これを考えてみて、
食べすぎなのか、運動不足なのか、または両方なのか…
自分が普段どんな生活をしているか振り返るのが一歩だと思います。

私は明らかに「運動不足」だと思い、
精神的にも食事制限は合って無かったな、と思いました。

やっぱりどんなダイエットも「続ける事が大事」です。
諦めず自分の理想に近づけるよう、私もまた頑張ります!

東京のモデルに学ぶ常に見られているという意識を持つダイエット

モデルは美しく痩せています。彼女たちの美しさの原点は、
多くの人に見られているというダイエット意識にあるのです。

痩せたかったら見られているという意識を持ちましょう。
男性で肥満の女性に興味を持つ人は滅多にいません。
むしろ、嫌悪感を持たれる可能性さえあります。
男性に好かれたければ健康的なカラダに見えることも大切なのです。

健康的な肌を見せるということはしっかりと脱毛をしている必要もあります。それでしたら東京の脱毛エステはコチラですね。時分に合った脱毛サロンで脱毛するのが手っ取り早いですね。

男性に見られている意識を持った女性のカラダはエストロゲンを出します。
エストロゲンは女性のカラダを女らしくする女性ホルモンです。
ドイツの人間行動学研究所のカール・グラマーは、エストロゲンを分泌する
女性ほど肌を出す服装を好むという研究結果を発表しました。
そして、彼女たちは全員スタイル抜群だったのです。

LLサイズ以上の服に可愛い柄が多いでしょうか。
露出度が高い服はあるでしょうか。
SMLサイズはどうでしょうか。
いくらでもあります。
ステキな服を着るにはどうすれば良いでしょうか。
そうすれば、自然とダイエットしたくなるでしょう。

まず、毎日、しっかりメイクをします。
いつもより露出度が高めの服を着ます。
人に見られていると思えば、自然にカラダが動き始めます。
身の周りを清潔にして掃除をしましょう。
とにかく積極的に家事をして体を動かします。
動けば痩せるという良いサイクルが生まれます。
見られているという意識を持って生活すれば、
自然に普通体型になっていくものなのです。

一般的な体型になったら、サークル、クラブ活動、パーティー、
結婚相談所などで相手を見つければ、さらに効果が倍増することでしょう。
若ければモデルも夢ではないかもしれません。

とにかく無駄をやめて節約すべし

私が8ヶ月で5キロ太ってしまったときに試したダイエットは、、
1 ビールはやめてカロリーの低いお酒にする(梅酒やサワー、焼酎でしょうか)
2 必要最低限度のスーパーやコンビニへの買い出し(←無駄買いをしないことで節約にも♩)
3 どちらにしようか迷ったときはカロリーの低い方にする
4 銭湯のサウナを利用する、休みの日は近くの公園を出来る分だけジョギング
5 一駅分は最低限、時間があればなるべく歩くようにする
(私はスニーカーを持ち歩き、会社の近くで履き替える等していました)
6 無理のない程度にお弁当を作っていく
7 無駄な夜更かしはせずに寝る!

以上のことを心がけて生活していました。
どれもこれもそこまで無理はしていません。
とにかく必要なことは代謝をよくして脂肪を燃焼しやすい体作りをすることだと思います。
食を我慢するダイエットはどうしてもストレスになります。
食べた分を燃焼すれば単純にカロリーオーバーにならず太りません。
交通機関に乗らず歩く、食べ物の売っている所にところに近づかない、等無理せずダイエットはなんだかんだちょっとした節約にもつながるし一石二鳥です。

結果5ヶ月ほどで無理なく痩せることが出来、運動することの気持ちよさもわかることが出来てよかったです。